左利きは不便や苦労が多い!理解されない左利きあるあるまとめてみた




みなさんは左利きの人にどんな印象を持ちますか?

 

シャン子
変わってる人が多い

とか、

シャン子
器用そう

など思う人もいるでしょうか?

全体の割合で言ったら圧倒的に少ないのが左利きです。

なぜ今回左利きをテーマにしたかと言うと・・・

まさもねー
私は左利きなんです!

 

右利きの人は普段気が付かないと思いますが、結構世の中は右利き仕様で出来ているんですよね。

 

知られていないけど、左利きの人達は日常にちょっとした苦労を抱えて生きているんです。

 

慣れてるし、普段は気にならないんだけど、ふとした時に

まさもねー
あーここも右利き仕様だぁ~
とか、

まさもねー
左利きには使いづらいなぁ~
って感じることがちょこちょこあります。

 

そんな肩身のちょっぴり狭い左利きのことをいろいろまとめてみました。

 

左利きの不便な点

まず最初に、思いつく限り不便な点を挙げてみたいと思います。

 

道具が右利き仕様

まず、左利きの不便な点で一番最初に出てくるのが、道具が使いづらいことです。

 

すぐに思いつくのがはさみですよね。

切っている刃の部分が見えづらいのもありますし、持ち手のグリップも右手に合うように設計されているものが多く握りづらいです。

しかし慣れてくるもので、今まで左利き用のはさみはほとんど買ったことがなく右利き用のはさみを使ってきたので、力のかけ方などコツをつかむと右利き用のハサミでも普通に切ることが出来ます。

 

逆に右利き用のはさみに慣れてしまうと、突然左利き用のはさみを持つとうまく切れないこともあります。

服飾系の専門学校に入ったときも布を切る裁断バサミを入学と同時に指定のものを購入したのですが、左利き用の裁断バサミにはじめ、慣れませんでした。

また通常の右利き用の裁断バサミに対して、左利き用の裁断バサミは1.5倍の値段で購入したので学生だった私にはかなり痛い出費だったのを思い出します。

 

包丁などの刃物類も右利き用、左利き用とありますが、市販で普通に両刃(左右両刃)のものも売っているのでそれを使っています。

 

 

 

料理をするときも道具の不便さを感じることがあります。


レードル

おたまの先が尖ってそそぎやすくしてるものなんですがこれ、完全に右利き用ですよね?

これを左手で使うとかなり注ぎにくいです・・・。

外側に向けて注がなきゃいけないですからね。

レストランやホテルのバイキングのスープバーについてるおたまはだいたいこれです。

行列が出来てるときに使うレードルほどうまく使えないものはありません(笑)

 

 

他にもこんなものが・・・・

 

缶切り

手前に引くと力が加わりやすくなっているので、奥に押して開けようとするもうまく力がかからない・・・。
腕だけでなく全体重をかけて開けます。


 

 

急須

注ぎずらいわ、右手でフタを押さえづらいわで大変です。

 

 

職場やブログ作業でもあります。

キーボードのテンキー

テンキーが独立しているタイプならマウス同様、左側に持ってきて使えばいいだけなのですが、キーボードに埋め込まれてる今のタイプは右にあるので左手をクロスさせて打っています。

 

 

 

マウス

これはついこないだ買い替えるときに実感したのですが、最近のマウスって人間工学に基づいたエルゴノミクスマウスというものが出ているんです。

疲れにくく、腱鞘炎などになりづらいとても良いマウスなのですが、どれも完全に右利き用に作られているんですよね・・・。

左利き用もごく稀にありますが男性に合わせて作っているのか大体大きいので手に合いません。

購入してから右利き用マウスだと気づく!左利きの買い物失敗あるある

2018.03.21

 

 

机がついてる椅子

学校の授業やセミナーを受けるときに、しばしばお目にかかるこのタイプの椅子、

メモ取りたいとき、ないよりはマシですけど、上半身をねじってメモ取りますね。

 

 

ゲームのリモコン

最近はやらなくなってしまいましたが、ファミコン世代の私は小さいころよくゲームをやっていました。

でもゲームのリモコンって連打が必要なボタンが必ず右にありますよね?

ストIIが流行ってた時、何一つ技が繰り出せず楽しめなかったのを思い出します・・・。
シューティング系のゲームも同じく苦手です。

最終的にはドラクエしかやらなくなりました。

結局左利きの行きつく先はRPG一択なんじゃないかと勝手に思ってます。

 

 

左利きだと実はやりづらいこと

日常で毎日のように起こるやりづらい、使いづらいこともたくさんあります。

 

文字が書きづらい

文字って押して書くよりも引いて書いたほうが書きやすいんです。

文字の縦線箇所も下から上に押して書くことってないですよね?

左利きが書くとすべて押して書くことになるのでやっぱり右利きよりは書きづらいです。

 

 

横文字を書いたら手が汚れる&文字がこすれる

小学校や中学校のころ、鉛筆やシャーペンを使ってノートを必死で取っていると、左手の側面が汚れていること、一回や二回じゃないです。

黒板を使ってチョークで書いているときも手は当たっていなかったけど、肘が当たってて服にチョークが付いたりと結構大変でした。

 

 

習字はもっと書きづらい

普通の文字も書きづらいので、習字はもっと書きづらいです。

 

 

駅の改札

電車の改札機も右側にタッチパネルや挿入口があるから左手をのばしてICカードをタッチしています。

今はタッチするだけだからいいですが、学生のころSuicaが出る前は定期券や切符をあの挿入口に左手で入れるのが結構大変でした・・・。
通勤通学ラッシュ時の流れるように人が出入りする時に、改札機に定期券を入れるのは毎回緊張しました。

 

車のコインパーキングの清算時はもっとやりづらいです。

ギリギリに寄せることが出来ず、左手で届かない位置だったので右手で何とかお金を入れようとしたら失敗して外にばらまいてしまったこともあります。悲惨です。。。

 

握手

 

相手に握手を求められたときに思わず左手を出しそうになって、あわてて右手に差し替える・・・・。
何度やったことでしょう。

だから自分の方から握手を求めることはほとんどないです。

 

パラパラ漫画

横開きのパラパラ漫画は基本右手でパラパラするようになっています。

左利きがやると逆再生のパラパラ漫画が楽しめます。

 

 

左利きで良かったこと

逆に左利きで良かったということも少ないながらにあります。

 

スポーツは左利きが有利

学生時代はずっとバレーボールをやっていましたが、少ながらずサウスポーアタッカーというのは有利だったと思います。
通常の右利きのアタッカーのブロックに入るより、ブロックする位置が左に若干ずれるので止めにくかったようです。

またレシーバー(守備でボールを拾う人)も、右利きのアタックよりボールの打点位置がずれるのでレシーブの感覚が狂います。
これは自分がレシーブするときもそう感じました。

瞬時の判断が必要なスポーツに左利きは有利だと思います。
なのでバレーボールに限らず、野球やサッカー、バスケットボールや卓球など他の球技でも同じように有利になる場合が多いです。

 

 

何の根拠もないが、「頭いいよね」「芸術的感性があるよね」と言われる

はい、何の根拠もありません。
右脳が活性化されるとか言われていますが、それが頭の良さにどう出るのかよくわかっていません。

左利きの著名人、偉人でよくこのような人達の名前が挙げられます。

芸術家だったら

  • レオナルドダヴィンチ
  • モーツァルト
  • ピカソ
  • バッハ
  • ベートーヴェン
  • ミケランジェロ

 

科学者だったら

  • アインシュタイン
  • ダーウィン
  • ニュートン
  • エジソン

 

またアメリカ大統領で

  • レーガン
  • ブッシュ(第41代)
  • クリントン
  • オバマ

 

補足
これらは左利きだと言われている偉人ですが、実は違うという説もあるので確証はありません。

 

これだけを見たらそうそうたる面々のように思えますが、逆を言えばこれ以外の他の偉人達はみんな右利きなわけですよね。

そう考えると右利きの偉人の方が圧倒的に多いと思います。

 

 

左利きの割合

左利きが少数派なのはわかっているけど、どれくらい少ないんだろう?と思ったので調べてみました。

 

日本人の8~15%、約1割の人が左利きだそうです

 

まさもねー
日本人ってみんなと同じがいいと思うタイプだから、子供のころに親に右利きに矯正させられるよね
シャン子
世界で見たら左利きの割合ってもっと多そうだよね

 

そう思って調べてみたら意外にも、世界でも約1割の人しか左利きはいないそうです。

ちなみに東大生の約2割が左利きだそうです。
これが左利きって頭いいよね!って言われる理由でしょうか・・・?

 

 

左利きあるある

 

他にも左利きあるあるはたくさんあります。

飲み会や会社の打ち上げなどで席に詰めて座る時は、ほぼ100%の確立で左側の人と当たってしまって気を遣う。
一番左側の席に座りたいが、そこが上座だと座るわけにいかない。

 

ちゃんとしたレストランで並べられるナイフ、フォーク、スプーンの配置が右利き向け。
お箸を置かれる時も持ち手を右側に置かれる。

 

何かを習う時に、大体右利き前提で教えてもらう。
スノーボードを始めた時、友人に教えてもらうとだいたいレギュラースタンス(右足が利き足の場合の立ち方)で教えられる。

 

自動販売機のお金の挿入口が遠い。
自販機のど真ん中に立ったまま、お金を入れて好きなボタンを押す、飲み物を取るということが出来ません。

 

左利きを見つけると親近感が湧く。
とりあえずうれしくなります。共通点があるので話しかけやすいです。

 

 

左利きのこと、わかってもらえるといいな

お箸やハサミなど矯正しても直らないものもありましたが、字を書くのだけは右手に直しました。

結果、手の側面が汚れなくなったのと同時に書くのだけは両利きになりました。

 

スノーボードもレギュラースタンスで覚えるも、途中で利き足が左ならグーフィースタンス(左足が利き足の立ち方)なのを他の友達に指摘されて直しました。
利き足スタンスなのでわりとすぐ滑れるようになり、結果どっち向きに立っても滑れるようになりました。

 

日常で苦労している部分も多いですが、両方で出来るようになったものも結構あるので左利きで良かったのかなって今では思います。

 

 

左利きにしかわからない日常の苦労を右利きの人にもわかってもらえるとうれしいです

 









よかったらシェアしてください

1 個のコメント

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    一人暮らしの節約、生活術を中心に初心者が始められる投資、副業など、主に支出を減らしお金を増やす方法を中心にブログを書いています。 誰かの為になるブログ、長く楽しく続けられるブログにしていくのが私のテーマ。