私が一人暮らしをはじめたわけ




まさもねーです。

一人暮らしの生活が当たり前になっている私ですが、実は社会人になってからもわりとかなり長い期間、実家で生活していました。

実家も東京なので、都内で働く私にとっては実家を出る理由がありませんでした。
実家暮らしは金銭面も生活面でも楽ですし、親が一緒にいるのは安心感が違います。(これは一人暮らしを始めてからわかりました)

そんな実家で生活していた時は特に不自由することもなく、実家暮らしを満喫していた私ですが、そんな私がなぜ一人暮らしを始めることにしたのか、その理由をお話しします。

通勤時間が長い!

先ほどもお話ししましたが、生まれも育ちもずっと東京で、都内で働く私にとって実家を出る必要性に迫られていなかったんです。

23区外ではありますが、電車の便も悪くない場所に住んでいたので、都内にすぐ出れるし、都内に買い物にも飲みにも行けます。
実家でも生活は特に問題なかったんです・・・。

たまにの買い物や飲み会ならば・・・

実は通勤に往復3時間もかかっていました。

会社までが遠くて家から会社まで毎日片道1時間半以上かかっていました。

朝はちょうどいい時間帯に特急がなく、混雑もあって毎日毎日遅延してていつも1時間45分以上かけて出勤していました。

でも慣れって怖いもので半年、一年と同じことをやってると、これが普通になってきていつしか「実家暮らしでラクしてる分、通勤では我慢する」と思い込むようになっていました。

やっぱり都心の家賃は高いし、お給料のほとんどが生活するためだけになくなっていくなんて考えられない・・・。

それなら遠いけどお金のかからない実家暮らし、

もしくは低給料でも家から超近い職場を選ぶか、

の2択のほうがいいと思っていました。

 

実家暮らしはとにかく楽!

20代のころは実家暮らしが当たり前という考えもあって、働いたお給料が生活だけでなくなるなんて稼ぐ意味がないと考えていました。
私は実家暮らしをいいことに毎月のように旅行とか行ってましたし、冬は毎週末のようにスノボ行ったりもしてました。
働いたお給料をほとんど遊ぶことに使っていたことになります。。。

また実家だとご飯も洗濯もほとんど親がやってくれているおかげで、する必要がなく本当に楽でした。
今考えると、かなり甘ったれた生活していましたね(笑)

なので私は通勤に往復合計3時間もかかっていたけど、その長い通勤時間のあいだに会社から近い距離に住んでいても一人暮らしの人は、帰りに食材買ってきて、家に帰ってごはん作って、お風呂掃除して、また朝は起きてごはん用意して ってことをやってるんじゃないの?と考えていました。

つまり私が電車に乗っている時間に家が近い一人暮らしの人は、帰ってから自分でやらなきゃいけないことに結構時間費やしてるんじゃないの?と考えていたのである意味変わらないのではと思っていました。

 

実際計算してみると長時間通勤はかなりの時間を費やしていた

しかし冷静に往復3時間通勤が一年でどのくらいになるのか計算してみると、結構すごい数字になるんです。

それに気づいてしまったきっかけが、私が片道1時間半かけて通勤してるの聞いて都心のシェアハウスに誘ってくれた友達に言われた言葉でした。

「一日に通勤だけに3時間かけてるってことは20日勤務として

一か月60時間、

一年で720時間、

日数に換算したら30日、

一か月分まるまる通勤だけのために使ってるんだよ!

時間もったいなくない???

しかし、そのときの私は月に家賃だけで6~8万円出すほうがお金がもったいないと思っていました。
今はお金と同じくらいに時間も大事だということに気づかされているので、たしかに友達の言うとおりだと感じています。
気づくのが遅い私・・・。

 

長時間通勤がだんだんつらくなった

それでも20代までは往復3時間の通勤でも朝の早起きがちょっとつらいだけでそこまで問題はありませんでした。

しかし30代になってくるとだんだん朝の長時間通勤、しかもずっと満員電車という状況に体力的にも耐えられなくなってきました。
さらにとにかく遅延の多い路線だったから、毎日のように電車が遅れることも満員電車に加えてさらに精神的ストレスになっていました。

なので会社に着くころには、通勤だけで一日の大半のエネルギーの消費して疲労しているような感じでした。

だんだん毎週末のように土日でどこか出かけるとことも減っていき、ふと会社に近いところに一人暮らしを始めるものありかもなと思うようになりました。

 

自分で生活していく力をつけたかった

実家にいたときにアクティブな趣味とは別に料理教室にも友達と通っていて、家でも覚えたことを実践してみたいと思ってました。

しかし実家ではなかなか自由にキッチンを使わせてもらえる時間がありませんでした。
夜中に料理作り出すのも隣で寝てる親に迷惑だし、日中は親が使う時間が多いので、結局家で作る機会なんてそうそうなかったのです。

それに対して一緒に通っていた友達は一人暮らしだったので、お料理教室で習ったことを家でも実践していてアレンジなど加えていてとても楽しそうでした。

単純かつ小さなことですが、それも一人暮らしなら出来るなぁと思い、ついに引っ越しを決意しました!

これが私が一人暮らしを始めた理由でした。

 
 
 
 
 
(一人暮らしをするときに役立つ記事↓)
 
 
 








よかったらシェアしてください

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

一人暮らしの節約、生活術を中心に初心者が始められる投資、副業など、主に支出を減らしお金を増やす方法を中心にブログを書いています。 誰かの為になるブログ、長く楽しく続けられるブログにしていくのが私のテーマ。