【Amazon kindle paper white】初めて電子書籍端末を購入する人におすすめの理由




 

先日Amazonでkindle端末を購入しました。

今更ながらですが、私にとって初めての電子書籍端末です。

実際に使ってみて、すごく快適な読書ライフを楽しむことが出来ていて購入して良かったと感じています。

買うことはだいぶ前に決めていたのですが、どのkindle端末にしようか悩んだり、情報に惑わされたりといろいろあって実際に購入するまで時間がかかりました。

5種類あるkindleの中でどれにするか、なぜスマホでも読めるのにkindleを買ったのか、買うまでの経緯をお伝えします。

今まで紙の本を読んでいたけど、電子書籍端末を買うかどうかで悩んでいる人、kindle Paperwhiteが気になるけど実際どうなの?と思っている人の参考になればうれしいです。

 

電子書籍端末を購入しようと思った理由

今まで漫画以外ほとんど本を読まなかった私ですが、最近になって急に本を読む機会が増えてきました。

ブログを始めたこと、投資を本格的に始めたことなど新しいことを始めたことをきっかけに、それに関連する書籍を読んでみたいと思うようになりました。
ブログやTwitterで良さそうな本が紹介されていたり、みんなが読んでいる本は読みたくなりますよね。

当然ですが色んな書籍を読み続けていると本がどんどん増えていきます。
そして家の中の少ないスペースが本にどんどんとられていきます。

まさもねー
本は読みたいけど部屋のスペースが狭くなるから、なるべく買うのは控えよう・・・

そんなことを考えながら、本読むのをためらったりストレスに感じたくないなぁ~と思ったのでkindleの購入を決めました。

 

あとは単純に電子書籍端末がどんなものなのか、紙の本と比べて読み心地がどうなのか自分で確かめたかった、自分の経験として使ってみたかったという単純な好奇心も大きな理由です。

 

5種類ある中でkindle Paperwhiteを選んだ理由

Amazonの電子書籍端末「kindle」は現在5種類あります。

その中で私は「kindle Paperwhite」を購入しました。

始めは特にこだわりはなかったので一番スタンダードで一番安い「kindle」を購入しようと考えていたのですが、一通りスペックを確認して悩んだ末に「kindle Paperwhite」を選びました。

下記はkindle5種類のスペックごとの比較表になります。

  kindle

kindle
Paperwhite

kindle
Paperwhite
(マンガモデル)
kindle Voyager kindle
Oasis
プライス
(キャンペーン
情報なし)
7,980円 (9,980円) 13,280円 (15,280円) 15,280円 (17,280円) 23,980円 (25,980円) 29,980円/32,980円 (31,980円/34,980円)
3Gタイプ   20,480円   29,180円 40,980円
接続方法 Wi-Fi Wi-Fi/Wi-Fi+無料3G Wi-Fi Wi-Fi/Wi-Fi+無料3G Wi-Fi/Wi-Fi+無料3G
内臓ライト なし LED4個 LED4個 LED6個 LED12個
容量 4GB 4GB 32GB 4GB 8GB/32GB
解像度 167ppi 300ppi 300ppi 300ppi 300ppi
ページ送り タッチスクリーン タッチスクリーン タッチスクリーン タッチスクリーン/ページめくりボタン付き タッチスクリーン/ページめくりボタン付き

 

kindle Paperwhiteにした理由としては、下記の3点になります。

kindle Paperwhiteを選んだ理由
  • Eインクスクリーン採用で紙のように読みやすく目が疲れにくい
  • 解像度も一番安いkindleよりも高く画面がきれい
  • 何といっても一番売れているから

 

紙の本のように読みやすく目が疲れにくい

一番の理由はこれです。

電子書籍端末を買う際にタブレットを買ったりスマホで代用したりせずkindleを購入した理由の1つも、スマホやタブレットのような液晶タイプではなくブルーライトゼロで目に優しいからでした。

kindle Paperwhiteは画面表示にE-インクスクリーンを採用していて紙の本のような読みやすさがあり、外でも日光の日差しに反射されて読みづらくなることがありません。

快適に読書を楽しみたいと同時にやっぱり健康にも気を使いたい私は、目に優しい機能が搭載されているものを基準に選びました。

実際に使ってみた感じは、確かに紙の本の雰囲気そのままですし、長時間読んでいても目が疲れません。

 

解像度が高く画面表示がきれい

また画面表示のスペックです。
見やすさと目の優しさにとにかく重視した結果ですね。

一番安いkindleが解像度167ppiなのに比べ、kindlePaperwhiteは約2倍の300ppiの解像度があります。

補足
解像度のppiは1インチあたりのピクセル数の単位ですが、数字が大きいほどきめ細かいきれいな画像となります。 

 

kindle端末の中で一番売れてるから

自分で選んでないじゃん!とつっこまれそうですが、いろいろ調べて確認してから最終的に決めた理由の1つになりました。

みんなが選んでいるということは間違いがないのかなと。

あと、この無難な理由で選んだのは自分自身が電子書籍端末にまだそこまでこだわりや知識がなかったからもあります。
なんせ今回が初めての購入だったので。

価格面以外で「こういう機能は必ず欲しい!」みたいなスペックの条件がなかったんです。

もしすでにいろいろ使ったことがあってそれなりのこだわりを持っていたら、多分一番売れてるからとかみんなが選んでいるからとかいう理由では選ばなかったと思います。

kindleという一番有名なデバイスに最初から決めていたのもそれが理由ですね。

 

Amazonプライム会員のkindle端末割引クーポンは終了している

kindleのことを調べている時に、Amazonプライム会員になるとkindle端末を通常の4000円引きで購入することが出来るというサイトがいくつもありました。
プライム会員の年会費は3900円なのでkindle端末を購入しただけで元が取れるし、最初の30日間はお試し期間として無料でプライム会員になることが出来ます。

なのでkindle端末を安く購入するために、早速Amazonプライムの無料体験会員になりました。

まさもねー
よーし!会員になったし、早速kindle Paperwhiteを買おうっと!

しかしいくら探しても割引の画面や表示が見つからない・・・。

どこにもプライム会員の割引について記載されていないので、Amazonに問い合わせたら、すでに割引クーポンのキャンペーンは終了しているとのことでした!(2018年7月現在)

 

よく確認せずに会員になってしまった私がいけなかったのですが、せっかくプライム会員になってもkindleが安く買えないのはショックでした・・・。

結局そのあとすぐに一年に一度のAmazonプライムデーが開催され、kindleも大幅にプライスダウンされていたので、安く購入できたので結果的にプライム会員になっておいて良かったです。

Amazonプライム会員の詳しい内容はこちらをチェックしてみてください。
配達のサービス以外にも本が無料で読めたりと、いろいろお得に使えます。

 

実際にkindlePaperwhiteを使ってみた感想

ここからは電子書籍端末を使ったことがない私が、実際に初めてkindlePaperwhiteを使ってみた率直な感想を思いつく限り書いていきます。

本を気軽に携帯出来る

やっぱりこれですね。

kindlePaperwhiteの重量は205gです。
文庫本1冊程度なら薄さで勝っても重さはほとんど変わらないのでメリットはさほどないですが、出たばかりのハードカバーの新刊や辞書並みに分厚い書籍や参考書も重さを気にせず外出時に携帯出来るし、2冊3冊同時並行で読んでいる人でもバッグの中を占領することなくkindleひとつでスマートに収まります。

片手で読みやすい

通常外だと通勤時の電車の中で読むことがほとんどなのですが、16.9cm×11.7cmの片手で読みやすい文庫本サイズが気に入っています。

普通の見開きの本だと手が小さく指の短い私には片手で持って読むの大変です。。。

ページめくりも開きたい方の画面の端を軽くタッチすればめくれるので片手でめくれます。

kindleの上位モデル(Voyage/Oasis)にはページめくりボタンがついていますが、このタッチスクリーン機能で十分じゃないかなと個人的には思っています。

あと途中で読むのをやめるときでも、自動保存されて次に開くときにそのページから読めるのでしおりを挟む必要もないです。

充電が長持ち

使い始めて半月ほどですが、まだ最初の一回目の充電しかしていません。
行き帰りの通勤と夜も寝る前に読んでいるのですが、まだまだ電池がなくなりません。

1日30分の使用で数週間バッテリーが持続するそうなのですが、もっと持ちそうな気がします。

 

書店に行く必要もPCやスマホから購入する必要がなくなる

kindle端末から直接選んで購入出来るので書店にわざわざ行って購入する時間がなくなります。
またパソコンやスマホから通販で購入するのと違うのは、購入して届くのを待つことなくすぐにkindleで読めるところです。

kindle版が発売されていない書籍のみ買いに行くといった感じです。

「読みたいな」と思ったらすぐに購入→ダウンロード→その場で読めるが出来ちゃうのです。

いろんな意味で時間の節約になりますね。

 

どれだけ買っても場所を取らない

kindleを購入することになった理由でも書きましたが、どれだけ書籍を購入しても保管する場所を取らないのは大きなメリットですよね。

お気に入りの本が部屋に並んでいるのはインテリア的な部分でちょっと気持ちいいですが、どんどん部屋のスペースが占拠されるのは現実的には気分良くないです。

極力部屋に物を置きたくないタイプので、本が積み重なっていくのは個人的には落ち着かない部屋になってしまいます。

kindleならこの端末の中に数百冊の本が収まるので、場所の節約になるので置く場所を考えずに本を買えるのはいいですね。

 

マンガモデルでなくても十分漫画が読める

実は今回買ったkindlePaperwhiteとkindlePaperwhiteマンガモデルのどちらにしようか最後まで悩んでました。

もともと本は読まないけど、漫画は昔から好きで読んでいたので、kindleを買ったらマンガも読むだろうなぁ~と思っていたからです。

kindlePaperwhiteとマンガモデルの違いは容量だけで、kindlePaperwhiteが4GBなのに対してマンガモデルは32GBの容量があります。
8倍も違うんですね。

文章だけの本に比べて、マンガは容量が重いので4GBではすぐ容量が足りなくなってしまうかなと思っていたのですが、基本購入した書籍はクラウドに保存されるので容量を取られることはないです。

読むときだけ端末にダウンロードして読むので4GBでも十分でした。

ページ送りした際の残像が気になるというレビューを見たのですが、確かにページをめくった際に漫画は残像が残りますが個人的にはまったく気になりません。

容量を気にせずたくさんの漫画を端末に入れておきたいと思っている人だけマンガモデルをおすすめします。

 

読んでいて目が疲れない

kindle端末がブルーライトゼロの仕様になっていることに加えて、kindlePaperwhiteは画面にE-インクを採用しており、まるで紙の本のような表示になっています。
また直接目を照らさないフロントライト方式になっているのでとことん目に優しい仕様が搭載されています。

なので長時間読んでいても、目が疲れないです。

全く疲れないかというと違うかもしれませんが、紙の本を読んでいるのと同じような感じで目が疲れにくいというのが正解ですね。

 

3G機能はいらない

kindle端末にはWi-Fi接続だけのタイプとWi-Fi+無料3Gでの接続が出来るタイプがあるのですが、正直3Gで接続したことがないです。

それと容量が大きくてダウンロードする際にWi-Fi接続しかできない書籍が非常に多いです。(漫画が基本的にすべてそうです)

なのでWi-Fi接続だけの端末よりも約5000円ほども高いWi-Fi接続+無料3G接続は必要ないかなと個人的には思います。

 

kindle Unlimited 読み放題がお得

Amazonのkindle Unlimitedという読み放題のプランに入っているのですが、月980円で対象の書籍が読み放題になるのでたくさん本を読みたいという人にはかなりお得なプランになります。
漫画なども対象になっているのでいろんなジャンルの書籍が読めるのはいいですね。

ただし全ての書籍がkindle Unlimitedの対象ではないので必ずしも自分の読みたい本がすべて読み放題になるわけではないので注意が必要です。

初回30日間無料体験が出来るので、そちらでどんな書籍が読めるのか確認してから続けるか決めたり、忙しい期間は外して、暇なときにまた始めるという使い方もおすすめです。

 

+2000円払ってキャンペーン情報(広告)なしのモデルを購入する方が快適

kindle端末にはキャンペーン情報ありのモデルとキャンペーン情報なしのモデルがあります。

キャンペーン情報なしのモデルは+2000円と高くなってしまいます。

読書画面では一切キャンペーン情報は入ってきませんが、最初のロック画面を開くたびやライブラリ一覧の下の部分にずっと広告が入ってくるのってちょっとストレスではないですか?

せっかく快適な読書ライフを楽しもうと思ってkindleを買おうと思っているなら+2000円は高くないと思います。

 

 

結果kindle Paperwhiteは購入して良かった

今回初めての電子書籍端末としてkindle Paperwhiteを購入してみましたが、実際使ってみて買って本当に良かったなと思っています。

まさもねー
全然使いこなせなかったり、すごく見づらかったらどうしよう・・

と不安もありましたが、その心配はまったくありませんでした。

kindle unlimitedの読み放題プランに入ったことで、今まで以上にたくさん本を読むようになったし、Amazonプライム会員になっていれば、kindle端末を安く買えるだけでなく、月に1冊無料でダウンロードできるサービスが付くので、読み放題プランにない本も読めます。

 

初めて購入する人にkindlePaperwhiteがおすすめの理由
  • 紙の本に限りなく近く違和感がない
  • 操作がシンプルで使いやすい
  • たくさんの人が使っているので間違いない!

 

まさもねー
kindle端末を購入して本を読むならAmazonプライム会員になるのが断然お得です。

 

読書だけでなく音楽もAmazonプライム会員ならお得!
Amazonプライムmusicについての記事はこちらです。

Amazonプライム会員限定!4000万曲聴き放題のmusic unlimitedは色んな曲を楽しみたい人におすすめ

2018.07.08








よかったらシェアしてください

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

一人暮らしの節約、生活術を中心に初心者が始められる投資、副業など、主に支出を減らしお金を増やす方法を中心にブログを書いています。 誰かの為になるブログ、長く楽しく続けられるブログにしていくのが私のテーマ。